フライヤーとチラシにおける印刷の違い

チラシとフライヤーは、どちらも紙媒体の広告という点で一致していますが、一番大きな違いは前者が折り込みなどの配布形式になのに対し、後者は店頭や街頭などの設置形式で配布されることが多いというのが特徴です。同じ紙媒体ということで、広告手段として比較されることの多い両者ですが、これだけ配布の手段が違ってくると、印刷様式やデザインにも顕著な違いが出てくるのも当然の話ですね。未だかつてないほど多様化した広告という分野には、それぞれの表現手法や配布方法に、独自のメリットがあります。ここでは、二つの違いを考えながら、より効果を高められるデザイン・印刷について考えてゆきましょう。使い方のメリットやデメリットを明確にすることによって、より訴求力の高い広告作成に繋げることができます。

顧客の状況を考察した仕様で作成する

店頭や街頭設置、または手渡しなどで配布される紙媒体の広告が、主に「フライヤー」と呼ばれるものです。こういった配布形式をきちんと掘り下げてみると、理想的な仕様が自ずと浮かんでくるのではないでしょうか。一般的に、チラシよりも小さなサイズがメインになっているこの広告形体は、手に取ってもらったものをカバンに入れて持ち帰ってもらうことが第一の目標となります。したがって、簡単にカバンにしまえないような大きさのものは不適切と言うことができるでしょう。情報量の多い広告なら、最初からコンパクトなサイズに折り畳んだ仕様で作成するのが鉄則です。また、家に持ち帰った際にも用紙が傷みづらいように、厚めの上質紙や特殊紙に印刷すると、より高い効果が望めそうですね。ターゲット層が手に取る状況をしっかりと想定し、仕様を決定してください。

目を惹きやすいインパクトを盛り込む

店頭設置や街頭設置がメインとなるフライヤーは、通りすがりの不特定多数の顧客に訴求しなければならないという使命を負っています。それだけに、家庭に届くチラシよりも大きなインパクトが必要な広告と言うことができるでしょう。こういった広告の場合、こまごまとした情報を詰め込むよりも、大きな文字や画像をより印象的に配置する方が、シンプルかつダイレクトにターゲットに訴求することができます。そうでなくてもフライヤーの場合、チラシよりも小さな紙に印刷されることが一般的ですから、作成する前にできるだけ掲載したい情報を絞っておきたいところですね。可能であれば、季節や設置場所との兼ね合いを考慮したカラーリングを盛り込むことも効果的です。例えば暑い季節なら、涼しげな色を使用した方が人目を惹くのは自明の理ですね。インパクトの大きいデザインで、一人でも多くの人の手に取ってもらえるような広告を目指しましょう。

CDジャケット印刷は自然検索でずっと1位をキープ。種類も豊富で、激安短納期に対応します。 トレーディングカード印刷など、コミック系。 うちわ、カレンダーは豊富な実績と経験があり、シーズン中はキャンペーンを行っております。 新規会員登録で直ぐに使える1000ポイントが貰える。 実店舗を構えている(商品の直接引取や相談が可能)。 名古屋にある店舗や工場に直接商品を引取に行くことが出来ます。 フライヤー印刷はプレストークダイレクト!